jinseinokigaekata.jpg

©アトリエレオパード

​2022年3月25日(金) より
アップリンク吉祥寺ほか
全国順次ロードショー

​劇場ブッキング協力:ユーステール

​人生の着替えかた

  • Twitter

2022年 日本 101分
秋沢健太朗主演3部作

人生の岐路に立たされた時、誰もがどの道を進むべきかを迷い、選択して前に進む。本作は、自分の殻を破り、新たな人生に向かって歩もうとしている若者たちを描いた短編3作品からなるオムニバス映画。


MISSING
監督:後藤庸介
出演:秋沢健太朗 中村優一 小篠恵奈 森山栄治

天ケ瀬透(秋沢健太朗)の兄・翔(中村優一)は、妻とそのお腹の子の死の原因をつくった男に暴行して、指名手配されていた。その手配書のせいで、透はどんな仕事についてもうまくいかず、憤る日々を送っている。透には、幼い頃、シャボン玉で遊んでいたときに兄に殺されそうになったという微かな記憶があり、兄への不信感と嫌悪で溢れていた。知り合ったばかりの彼女・ひまりにも言い出せず、剝がして捨てていた兄の手配書を見られてしまう。隠そうとする透に対して怒ったひまりは出ていくが、透は「また兄のせいだ」と落ち込む。そんな折、翔が傷つけた男が町に戻ってきた。それは翔の耳にも届いており、決着をつける前に透のもとに現れる。そんな兄に怒りをぶつける透だが、翔のある覚悟を感じ取り、後を追う・・・。
予告編


ミスりんご
監督:岡部哲也
出演:秋沢健太朗 反橋宗一郎 加村真美 小坂涼太郎 朝香賢徹 大谷亮介

ひと山あてて金儲けを企む大沢健二(秋沢健太朗)と横山雄介(反橋宗一郎)。健二の地元でもある秋田で、二人はうっかりオレオレ詐欺の手伝いをしてしまう。お金を引き出して元締めのヤクザに手渡そうとする矢先に、ハプニングに巻き込まれ、そのお金を持って逃げ回る羽目に。逃げる途中、秋田美人「ミスりんご」を決めるコンテスト会場をみつけ、いい隠れ蓑になると参加したところ、なぜか二人とも優勝をしてしまった!? しかも同じくミスりんごに選ばれた遠藤エミ(加村真美)に同時に一目ぼれ。成り行きで逃げ込んだ家の初老の男・遠藤洋一(大谷亮介)は、なんと エミの父親!!右往左往の運命は吉とでるか、凶とでるか・・・。


​お茶を注ぐ
監督:篠原哲雄
出演:秋沢健太朗 木村達成 美紗央 篠田三郎

本堂雷太(秋沢健太朗)は、日本茶店・ムツミ園の長男。彼には聴覚障害があり、父・耕三(篠田三郎)が亡くなってからも家業から目を背けて過ごしていた。姉・瑞穂 (美紗央 は店を雷太に任せたいのに、何を考えているのか分からない弟がもどかしくて仕方ない。ある日「この店、俺が継ぐから」と父の知人だという川上貞二(木村達成)がやって来る。父は合組という技術で独自の茶葉<ムツミ>をブレンドし、常連客たちに提供していた。その父が亡くなり、<ムツミ>を合組できる者が今はいない。貞二が持ってきた父の遺言には「店の全権を貞二に譲る」とあるが 、最後の一行に「長男・雷太が遺言書の存在を知ってから 24時間以内に<ムツミ>の合組に成功したら、店は雷太に譲るものとする」と書かれてあった。雷太は、怒りと焦りのなかで奮闘する。翌日、常連客たちに合組した茶を振る舞い、判定してもらうが、簡単に完成するわけがなく、雷太は貞二に敗れてしまう。だがこの一連は、聴覚障害の息子とうまく会話ができず、自分の本当の気持ちを伝えられずにこの世を去った父の願いがこもった企みだった・・・。
予告編